今月の人

『ビッグイシュー南アフリカ』販売者、テンバ・ティンジ

南アフリカで開かれた ホームレス・ワールドカップでの勝利。 今思い出しても笑顔がこぼれる、素晴らしい体験だった

『ビッグイシュー南アフリカ』販売者、テンバ・ティンジ

 テンバ・ティンジ(44歳)はビッグイシュー・南アフリカの販売で生計を立てているが、本当に熱中しているのはサッカーだ。ケープタウンの街で9年間雑誌の販売をしてきたが、機会をとらえては、仕事とサッカーを両立させるようにしてきた。2006年と2008年のホームレス・ワールドカップに出場できたのもその成果だ。
 テンバがこの「美しいゲーム」と恋に落ちたのは、13歳の時。南アフリカの東ケープ州にあるタウンシップで成長した彼は、友達やいとこたちとサッカーを始めた。「といっても、物心ついた時からずっとサッカーが好きでした。サッカーは僕が一番好きなスポーツで、これからも変わりません」と彼は言う。
 06年初め、ビッグイシュー販売者にサッカーボールが寄付された。彼らはチームをつくって、何回か気楽なゲームをすることにした。「最初はお遊びだったんです。みんなで集まって、楽しかった少年時代を思い出しながらプ...

続きは、本誌をご覧ください


『ビッグイシュー 南アフリカ』
1冊の値段/20アフリカランド(約190円)で、そのうち10ランドが販売者の収入に。
販売回数/月刊
発行部数/1万3千部
販売場所/ケープタウン

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧