今月の人

「ダイバーシティカップ」7月開催に向けて─後編

多様な背景や年齢を超えてつながる、 ストリートサッカーの可能性

「ダイバーシティカップ」7月開催に向けて─後編

ビッグイシュー基金が応援する、ホームレスサッカーチーム「野武士ジャパン」。前回の記事では、住居や仕事だけでなく希望を失った人にとって、サッカーが人とのつながりや生きがいを取り戻すきっかけになっていることを取り上げた。今回は、ホームレスという枠を超えて、若年無業者、うつ病などさまざまな社会的困難を抱える当事者が参加する、7月4日開催の「ダイバーシティカップ」について紹介したい。


それぞれの背景を超えた、
「サッカー仲間」という関係

 現在、「野武士ジャパン」の練習には、ホームレスの人だけではなく、多様な課題を抱えた当事者のメンバーが参加している。池袋を中心に精神障害などを抱えたホームレス状態の人を支援する「東京プロジェクト」や、うつ病からの社会復帰をサポートする「リヴァ」など、普段は別々の支援団体につながっている人たちが、ともに練習で汗を流す。
「東京プロジェクト」から参加し...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 263号

263 号(2015/05/15発売)

特集どこでも、誰でも、雨水利用!

今月の人一覧