今月の人

ハワイ・ホノルル、ヒルダさん

虐待、ホームレス状態、薬物依存を経て、 今の夢は「高級レストランでシェフとして働くこと」

ハワイ・ホノルル、ヒルダさん

 人懐っこい笑顔が、会う人を温かく包み込む女性、それがヒルダさんの第一印象でした。ホノルル中華街で、長年に渡りホームレスや困窮状態にあるシニア、兵役経験者や家族、そして障害者たちを支援してきた非営利団体「リバー・オブ・ライフ・ミッション(ROLM)」─。そのキッチン・ディレクターとして、訪れる人たちに毎日提供する朝食とランチのメニュー、料理の監督いっさいを任されているのが、ヒルダさん(53歳)です。
 ハワイアン、ポルトガル人、プエルトリコ人、そしてフィリピン人の血を引くヒルダさんは、中華街に隣接するホノルルのカリヒで4人きょうだいの2番目として生まれました。父親を知ることなく、母とそのパートナーに育てられました。生活保護を受ける、とても貧しい生活。母のパートナーにより家族は虐待を受け続け、ヒルダさんは18歳の頃から友人の家で寝泊まりするようになります。虐待から逃れるため、枕1つだけを持っ...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 259号

259 号(2015/03/15発売)

特集20代、生き方としての社会的起業

今月の人一覧