今月の人

菅野春雄さん

デング熱も怖いから、 がんばって早くアパートを借りたいし、貯金もしたい

菅野春雄さん

 会社員、学生、多くの人が行き交う本郷三丁目駅前の交差点に、姿勢よく立つ菅野春雄さん(59歳)がいた。何かスポーツをやっていたのかと尋ねると、「土方で鍛えてきたからかな」。
 北海道の苫小牧で生まれた菅野さんは、海で泳ぐのが大好きで、「遊泳禁止の区域でも隠れて泳いでいた」という元気な少年だった。きょうだいは8人。怒られた記憶がないというほど優しいお母さんは、離婚後、一人で子どもたちを育てるため、毎日懸命に働いていた。中学生になった菅野さんは、少しでも助けになればと新聞配達を始める。毎朝、3時に起き、配達後に学校へ。1日が終わるとくたくたになった。特に、冬の北海道は路面が凍結するので自転車に乗れず、時間も倍かかった。
 卒業後、集団就職で愛知県の碧南市へ。トヨタの下請け工場で自動車の部品を作っていた。まじめに勤務していたものの、当時、開催されていた大阪万博を見に行きたい気持ちを抑えきれず、あ...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 249号

249 号(2014/10/15発売)

特集空き家は自由空間

今月の人一覧