今月の人

『ビッグイシュー・アイルランド版』販売者、ノエル・マッコレー

酒もたばこもやらないから、貯金することにした。家族や友達の助けもあって、自分の家を買うことができたよ

『ビッグイシュー・アイルランド版』販売者、ノエル・マッコレー

世の中には、最高の話し相手で、陽気で快活、いつでも楽天的な人がいるが、ノエル・マッコレーは間違いなくそのひとりだ。彼と話をすると、希望がわいてきて、心が軽くなり、あらためて人を信じる気持ちになれる。
ノエルは、1946年、北アイルランドのドニゴールに生まれた。11人兄弟の9番目だった。父親は大麦、とうもろこし、じゃがいもの栽培と酪農を営んでいた。「大きなじゃがいも農家で、スペイン、エジプト、イスラエルなど世界中に出荷していたんだ。家族みんなが畑で働いたけれど、恵まれた子ども時代だったよ」
5歳の時にそれまでまったく問題のなかった視力が急速に衰えはじめ、6歳半になった時には全盲になっていた。母親が妊娠中に風疹にかかったのが原因だという。幼い子どもにとって視力を失うことは大変なショックだったと思われるが、ノエルも家族もこの事態を淡々と受け止め、これまでどおりの生活を続けた。
「母は・ビッ...

続きは、本誌をご覧ください

『ビッグイシュー・アイルランド版』
1冊の値段/5ユーロ(約700円)で、そのうち2・5ユーロが販売者の収入に。
発行部数/3週間に1回
販売場所/ダブリン、コーク、ベルファストなどのアイルランド主要都市

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧