今月の人

ギリシャのストリート・ペーパー『シェディア』

通りでは「代弁者になってくれて ありがとう」と声をかけられ、娘や息子を雇ってほしいと親から電話がくる

ギリシャのストリート・ペーパー『シェディア』

何十億ユーロも投じたにもかかわらず、ギリシャは先進国の立場をころげ落ちた最初の国となった。政府は放送事業に終止符を打ち、すでに大勢いる失業者に2500人を新たに仲間入りさせた。
経済は過去5年間で縮小し、2013年はさらに4・5パーセント減となると予測されている。失業率は欧州で最も高く、成人の4分の1以上と若者の64パーセントに職がない。130万人の失業者のうち、100万人以上が国の失業手当を受けていない。極右政党は恐れと不安に油を注ぎ、排外主義が台頭している。
自由な報道と健全な労働環境が失われつつある21世紀のギリシャ・アテネで、クリス・アレファンティスは友人2人とともにこの国初のストリートペーパー『シェディア(いかだの意)』を立ち上げた。それから4ヵ月、小さな仮設オフィスには、職を求めてひっきりなしに人がやってくる。
販売コーディネーターのセルジオス・ミリスと同僚のエミリア・ド...

続きは、本誌をご覧ください

『シェディア』
1冊の値段/3ユーロ(約402円)で、そのうち1・5ユーロが販売者の収入に。
販売回数/月1回刊
発行部数/1万5千部
販売場所/アテネ他

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧