今月の人

今月の人 番外編

10年の歩みをもとに、 販売者がまとめる「販売の心得」(仮案)

今月の人 番外編

2013年9月11日、『ビ2013年9月11日、『ビッグイシュー日本版』は創刊10周年を迎えます。
登録した販売者は延べ1474人、販売者へ提供した収入は8億690万円となりました(2013年4月末現在)。この10年間、一人ひとりの販売者が読者のみなさまに支えられて、歩み続けてきました。本当にありがとうございました。
そして、節目となる今年、販売者は10年の経験を集め、「仕事」としてのビッグイシューの販売のあり方をまとめてみようと考えています。
その話し合いのプロセスと、「販売の心得」(仮案)を報告します。


3月から7月にかけて
大阪と東京で販売者が議論

今年の2月、販売サポートスタッフが大阪と東京の販売者へのヒアリングを始め、原案を作成。3月から7月にかけて計7回、大阪と東京で販売者による会議で議論を重ねました。
6月には、大阪・東京の販売者を代表する委員会を設置。7...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

今月の人一覧