今月の人

新春座談会【前編】

流されて生きるのではなく、 自分で流れを作れるようになってきた

新春座談会【前編】

いよいよ2013年が幕を開けた。新年最初の
「今月の人」は、「新春座談会・前編」と称して、
関西の販売者さん4人とともに昨年を振り返りながら
今年を見据え、次号の「後編」にて、未来を見つめます。

昨年は、売り場開拓に、
双子の兄弟で販売者デビュー!?

―昨年はどんな1年でしたか?
井上 僕は元の売り場だった大阪の豊中を離れて、新しい売り場の奈良を開拓したのが大きかったかなぁ。おっかなびっくりだったけれど、地域の人が思いのほか温かく迎えてくれたので、幸先いいスタートを切れました。
2月から5月末までは大阪・西梅田の共同店舗(※1)の販売メンバーに加わったんですが、そこでの売り上げが好調で貯金ができたのがよかったな。目指すは100万円(笑)! 石井 僕も6月から9月末まで共同店舗のメンバーに加わって貯金ができたことで、目標だった東京行きも実現できた。
僕は2011年の七夕...

続きは、本誌をご覧ください

※掲載内容は取材当時のもののため、現在と異なる場合があります。

『今月の人』が掲載されている BIG ISSUE

BIGISSUE 206号

206 号(2013/01/01発売)

特集「縮小社会」を生きる

今月の人一覧