最新号・
バックナンバー

No.399

『PFAS』。永遠の汚染

焦げつかないフライパン、米粒がくっつかない炊飯器釜、撥水効果のある洋服や靴……。便利なものですが、これらの多くには熱や水、油に強く、壊れにくいという化学的な性質をもつ「PFAS」(ピーファス)が使われています。「PFAS」は5千種もある有機フッ素化合物で、自然界での分解に数千年もかかることから「永遠の化学物質(フォーエバー・ケミカル)」とも呼ばれます。1930年代に米国で開発が始まり、世界中で数えきれない製品に使われましたが、地球の土壌や空気、川や海を汚染し、微量でも人体に健康被害を及ぼす恐れがあります。その危険性から欧米政府はすでに規制を始めていますが、日本ではまだほとんど知られていません。
「PFAS」汚染に詳しいジョン・ミッチェルさん(ジャーナリスト)、小泉昭夫さん(京都大学名誉教授)、そして健康被害を受けている沖縄や東京・多摩地区の住民の方に取材しました。「PFAS」汚染を知るための、最初の特集。

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー 伊藤 詩織
リレーインタビュー・私の分岐点中村 航さん

国際記事

移民女性25人、祖国の思い出を綴ったレシピ本出版
英国マンチェスターの「ハート&パーセル」は、主に移民の人々を対象に、食や料理を通じて英語を学ぶプログラムを提供している社会的企業です。2019年には25人の移民女性が自分たちのレシピを掲載した料理本を制作。食を通じ、地域に溶け込んでいます。
『羊飼いと風船』ペマ・ツェテン監督
「チベット映画の先駆者」と呼び声も高いペマ・ツェテン監督による新作『羊飼いと風船』が1月22日より公開されます。「東京フィルメックス」最優秀作品賞にも輝いた今作は、90年代のチベットが舞台。緑広がる草原で羊を飼いながら、伝統的な生活を営む家族の姿を通じて、女性の生き方や信仰、教育の価値観の変化を描き出します。「チベット人のための映画、だけど全人類に普遍的な作品」を目指したペマ監督の思いとは。
WORLD STREET NEWS 世界短信

連載記事

浜矩子の新ストリート・エコノミクス
救世主が疫病神化する時
コミック マムアンちゃん
ウィスット・ポンニミット
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
お金はありませんが、親孝行したい ☆ しらすと卵のおかゆ☆
春を待ちながら、タンポポの秘密に迫る
身近にある花でありながら、その生態や由来にはなぜか謎も多いタンポポ。野の草花を愛好する俳人の森乃おとさんとともに、タンポポを観察する楽しさやその分布を通して見えてくることを考えました。
池内了の市民科学メガネ
数を数える動物

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

メールで更新通知を受け取る