最新号・
バックナンバー

No.288

水草、水中は憧れの世界

3億年前、陸上で繁茂していた植物が、なぜ、水中に進出したのだろうか? 今、陸上の植物は35万種、水草はそのうちのわずか1%、2800種に過ぎない。
田中法生さん(水草研究者)は、「植物によって陸上は埋め尽くされていたので、水中はできるなら入りたい"憧れ"の場所だった」と語る。もともと水中から陸へ上がり、再び水中に戻った彼らは、植物のエリートだった!?
また、水草を素材に、水槽の中に"水景画"をつくるのが、タナカカツキさん(マンガ家)だ。水の中に石を置き、水草を育て、絵を描くようにして景色を作る。水草が光合成で咲かせる気泡の花、どこか森の香りがする水槽、うっとり見ほれていただきたい。
田中法生さんに異端の植物である「水草」、タナカカツキさんに室内で大自然をつくる「水草水槽」について聞いた。
水に親しむ季節、水草の世界を感じ、楽しんでみませんか?

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー シャーリーズ・セロン
リレーインタビュー・私の分岐点瀬戸 康史さん
上京して、殻に閉じこもっていた。思いきって参加した食事会が自分を変えた。今、苦しんでこそ、人生なのかなと感じる

国際記事

脱北女性、逃亡とその後を語る(前編)
8回強制送還され、9回目の脱出で韓国へ
アルゼンチン、奴隷労働と決別するアパレル工場
(コラム)バーニー・サンダース、小口個人献金が数千万ドル、高校生も集会に
WORLD STREET NEWS 世界短信
米国、刑務所内のホメロスの授業で再販率は2%以下に
インド、スマートシティ構想はデジタル・アパルトヘイトを招くのか
ポルトガル、ドラッグ使用を刑罰対象から外した成果
シリア、内戦下を走る移動義足クリニック

国内記事

ワンダフルライフ
水道水で育てた数千匹のホタル。
毎年、三重の田んぼへ"幼虫の里帰り"
―― 阪本 裕一さん

連載記事

原発ウォッチ!
―― 4日間で10万こえる原発停止署名。熊本・大分地震の断層帯
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
―― 潜在成長率論議への疑問
雨宮処凛の活動日誌
―― 「戦争と貧困」のゴールデンウィーク
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
考え方が後ろ向きで、他の人を罵る気持ちになります。(51歳/女性/会社員)タコの和え物サラダ梅ドレッシング
ビッグイシューアイ
多様な家族を認めない自民党「憲法24条」改憲案
―― 山口 智美さん

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『シャーリーズ・セロン 』に関連したバックナンバー

『生物 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る