最新号・
バックナンバー

No.183

文化的スクウォッター― 廃虚で花開く中・東欧の若者文化

時代が激変したとき、廃虚は生まれる。今、中・東欧で廃虚が熱い。ハンガリー・ブダペストでは荒廃した廃虚カフェに若者が集い、スロバキア・ブラチスラヴァでは、廃虚ライブが行われた。スロベニア・リュブリャナでも、旧ユーゴ時代の元軍用地が文化スペースに転用されている。2010年7月には旧ユーゴのセルビア、ベオグラードで、元映画会社の建物だった廃虚で環境イベントが行われた。主催者のラドミール・ラゾビチェはこう語る。「廃虚をカルチャー・シーンに変える西欧の文化的スクウォッターの例に倣ったのです。打ち捨てられた場所を占拠して、新しいムーブメントを起こすなんて、楽しいじゃないですか」中・東欧の廃虚で若者たちが創りつつある文化。東欧のストリート・ペーパーの全面協力により、文化的スクウォッターたちの今を追った。また、この活動の震源地である西欧アムステルダムからは美術家タケ・トモコさんのレポートが届いた。

夜ごとブダペストっ子が繰り出す廃虚カフェ

スロバキア、荒廃した倉庫で、二回目のライブ決行!

柔軟性とユーモア、文化的スクウォットの系譜
スクウォットの震源地、アムステルダム

文化的スクウォッティングという「探検」
セルビア・ベオグラードから

軍事施設を市民の手でアートの村に
スロベニア・リュブリャナ市のメテルコバ芸術村

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー 草間 彌生
芸術という糸をたぐりながら生きて行く道をさぐりあてた。死ぬまで渾身の限り、私と世界の平和のために闘い続ける
リレーインタビュー・私の分岐点俳優 手塚 とおるさん
怒鳴られたはずが、ほめ言葉に聞こえた。人生最大級の「勘違い」で俳優の道に

国際記事

新しい家族法案に高まる期待。「改正されたら、結婚したいと思っているの」
キューバで進む、同性愛者の権利拡大
過去に決着をつけないまま、前に進むことはできない
英国、闘い続けるサリドマイド被害者たち
WORLD STREET NEWS 世界短信
*英国、テレビ局が伝える東北被災地の今
*南アフリカ産ルイボスティー、気候変動で危機に
*セルビア、街の開発で行き場をなくすロマの人びと
ノーンギシュの日々 滝田 明日香
犬のマイレ、ケニア生活を支えてくれたよきパートナー

BACKBEAT(映画・音楽)

CDレビュー 浅井 博章
関西が誇る名DJ。幸せな雰囲気が大阪城ホールを包んだ
― ヒロ寺平、還暦お祝いライブ
テレビうらおもて 伊藤 悟
テレビはもっと電力会社の責任を追及せよ!
ひぐらし本暮らし 岡崎 武志
『詩人からの伝言』 田村隆一/ 語り 長薗安浩/ 文

連載記事

ともに生きよう!東日本 被災地から⑲
分断され、追い詰められ、孤立化する福島のお母さんたち
原発ウォッチ! 伴 英幸
廃炉には40年の遠い道のり
自閉症の僕が「生きていく風景」 東田 直樹
普通クラスで過ごした小学校。多動の僕に母が付き添う
ストリート・エコノミックス 浜 矩子
蓄えるべきもの、それはヒト
世界の当事者になる 雨宮 処凛
自分を好きでいるために
コミック マムアンちゃん
ウィスット・ポンニミット
■ホームレス人生相談 職業病とどうつき合う?
視力がどんどん悪くなります。一日中PCと向き合う仕事によるものだと思います。眼鏡もどんどん合わなくなり、先日測ったら、0・03! それにすごく痛いし、ぼーっとするし。パソコンを使わない仕事に変わってしまいたいと、思ってしまうこともあります。職業病って、どうつき合っていったらいいのでしょうか?(女性/28歳/デザイナー)
ビッグイシュー・アイ⑤
提案!「新卒一括採用の廃止、大学4年生2月からの就活」

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『文化 』に関連したバックナンバー

『アート 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る