最新号・
バックナンバー

No.144

いま、南アフリカ。めざす和解と多様性

6月、アフリカ大陸で初のFIFAワールドカップが開催される。南アフリカは生物多様性の豊かな国だが、社会制度にも先進的な「多様性の思想」を取り入れてきた。反面、世界一の格差社会ともいわれている。それは、未曽有の人種差別「アパルトヘイト」の経験がもたらした知恵や傷跡でもある。「アパルトヘイト」とは元々、ダイヤモンドや金、レアメタルにかかわる利権を少数の白人が独占するための人種隔離政策である。17世紀から1991年までおよそ200年にわたって続き、ネイティヴの黒人に対して徹底的な暴力や弾圧を繰り返し、劣等感を植えつけてきた。南アフリカがたどった歴史、そこから生まれた「多様性」「和解」の先進性と知恵とは何か?世界で最も支持を集める指導者の一人、南アフリカの元大統領、ネルソン・マンデラの半生を、南アフリカ在住のライターが紹介する。また、阿部利洋さんに「紛争後社会の新しい再生モデル『真実委員会』」について、津山直子さんに「南アフリカの今」について聞いた。ビッグイシューアフリカ特集第2弾!

自由とは、自分の鎖をはずすだけでなく、他人の自由を尊重し支える生き方
─ マンデラの描いた南アフリカ社会と今

語り出せ。「和解」は新たな紛争を防ぐ「社会的な目標」
─ 阿部利洋さん

I became a human(私は人間になった)
─ 津山直子さん

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー ネルソン・マンデラ
スペシャルインタビュー <2> 井筒和幸監督
リレーインタビュー・私の分岐点タレント 麻木 久仁子さん
わかったつもりで、全然わかっていないことっていっぱいある

国際記事

工業化された畜産や農業の背後に、"不愉快な真実"
ドキュメンタリー映画『Food, Inc.』
WORLD STREET NEWS 世界短信
*英国、フェアシェアの取り組み
*ボリビア、世界民衆会議開催
*台湾、「一刑務所一品」政策
ノーンギシュの日々 滝田 明日香
観光ロッジがおびやかす クロサイの生息地 その4

BACKBEAT(映画・音楽)

ART 長谷川 友美 CDレビュー 浅井 博章 大物アーティストを親にもつ、注目の2世ミュージシャン クリエーターの視点 クリエイティブユニット トーチカ テレビうらおもて 伊藤 悟 8時間ドラマ「わが家の歴史」の隠しテーマ ひぐらし本暮らし 岡崎 武志 石川達三『四十八歳の抵抗』 COOKING 枝元なほみ にんにくの茎とあさりの焼きそば

連載記事

自閉症の僕が「生きていく風景」 東田 直樹
文字盤ポインティング練習開始
ストリート・エコノミックス 浜矩子
イギリスの連立政権は野球に学ぶべし
世界の当事者になる 雨宮 処凛
さて、これからどう生きるか
■ホームレス人生相談 テレビに夢中の家族にイライラ
私の家では、食事中に家族の誰かがテレビのスイッチを入れます。ごはんの時ぐらい、ゆっくり団らんの時間を楽しみたいと思っている私は、クイズ番組やお笑い番組に夢中になっている家族にイラッとしてしまいます・・・・・・。(女性/30歳)

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『アフリカ 』に関連したバックナンバー

『格差 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る