広告掲載について

雑誌『ビッグイシュー日本版』について

『ビッグイシュー日本版』は、平和、人権、エコロジーなど、社会問題について関心が高く、なおかつ自ら行動し、情報発信するアクティブな層に読まれています。
そのため、企業CSRを紹介する記事広告、エコロジー・エシカルな企業イメージ広告などで多くの反響をいただいています。また、広告費が弊社の企業活動を通じて、ホームレスの人たちの社会復帰や貧困問題の解決のために使われ、社会に還元されるという点も、他の媒体にはない特長です。

広告出稿についてのお問い合わせはこちら

雑誌データ

創刊:2003年9月
発行部数:3万部
版型:A4版、オールカラー32ページ
販売場所:全国12都道府県の路上
定価:350円
発売日:毎月1日、15日発行
発行:有限会社ビッグイシュー日本

読者プロフィール

  • 読者の87%が去年1年に寄付やボランティア活動を経験。社会貢献に関心が高く、実際に行動する層
  • 読者の3人に2人が女性
  • 40代~60代を中心に幅広い年齢層
  • 東京、大阪を中心とした都市圏で暮らす層
  • 半数以上の人が貧困・格差、平和、自由・人権、環境・エコロジーなどに関心
  • 約8割が月に1回以上購入する(毎号購入が63%)
  • 購入動機は「表紙または内容にひかれて」が約2割。「内容と販売者応援の両方」がほぼ半数



※2017年読者アンケートより

『ビッグイシュー日本版』媒体資料(PDF)

※ビッグイシュー・オンラインの媒体資料はページ下部「6.オンライン連動でさらに広がる」にございます。

 

6つの特長

1.ホームレスからの自立を直接支援

貧困問題は、現代の大きな社会課題です。貧困による究極の社会的排除の状態にあるのがホームレス状態にある方たちです。ビッグイシューは雑誌の販売を通じて、彼らを直接的に支援します。

2.充実した特集記事

特集テーマは社会問題、環境問題、自然科学、暮らし方、文化・アートなど多岐にわたります。「子どもの貧困」や「ギャンブル依存」など、のちに社会的に大きく注目されるテーマもいち早く取り上げてきました。

3.ホームレス人生相談など、人気連載

リレーインタビュー「私の分岐点」には各界の著名人が登場。雨宮処凛さん、浜矩子さん、池内了さんらの連載も。販売者が読者の悩みに答える「ホームレス人生相談」と、料理家・枝元なほみさんの「悩みに効く料理」のコラボ連載は、常に人気記事のひとつです。

4.バックナンバーも人気

販売者は最新号だけでなく、人気のバックナンバーも仕入れて販売しています。話題のテーマや人気の表紙、特集号を研究して、それぞれに長く売る工夫をこらしています。

5.ほかでは読めない海外記事

国際ストリートペーパーネットワーク(INSP)には世界100誌以上のストリートペーパーが参加して、記事や情報を共有しています。そのためハリウッドスターのインタビューをはじめ、各国の最新ニュースが豊富。路上から発信する世界のルポルタージュは、ここでしか読めないものばかりです。

6.オンライン連動でさらに広がる

「ビッグイシュー・オンライン」は、ウェブ上のもうひとつの『ビッグイシュー日本版』。①本誌記事の再録、②誌面には載らない海外翻訳記事、③オンライン独自の記事をそろえ、本誌の販売地域以外にもアピールしています。

ビッグイシュー・オンライン媒体資料(PDF)

広告ご出稿例

1)ターゲットを絞った広告
社会問題に関心の高い層に、ピンポイントでPRするのが得意です

2)メッセージ性のある記事広告
記事広告は本誌と同じスタッフで制作しており、特に社会貢献の分野において、質の高いコンテンツ制作への信頼と評価をいただいております。

3) 特集企画
読者の関心が高いテーマに関連して、広告特集を組むことも可能です。また広告内容にマッチした特集テーマの号に掲載することで、より効果的にPRできます。

4)Webとの連動
1ページ以上のご出稿をいただく場合、公式サイト内バナーを1か月無料でご提供いたします。記事広告の場合、記事内容をwebマガジン「ビッグイシュー・オンライン」に転載することも可能です(弊社制作の原稿の場合、転載料30,000円~)。また、ビッグイシュー公式Facebookやツイッターによる告知、拡散についてもご相談ください。

 

お問い合わせ(広告出稿)