よくあるご質問・お問い合わせ

お問い合わせ先はこのページの下部にございます。

ご購入にまつわるご質問

Q:販売場所に行ったのですが、誰もいませんでした。いつ行けば買えますか。

販売する曜日や時間帯は、販売者自身が決めています。
また、休憩や仕入れなどで販売場所を離れることがあります。特に暑い日や寒い日などは長時間街頭に立つのはとても大変ですので、それぞれに体調を考えながら立つ時間を調整しています。また、雨の日や体調が悪い日にはお休みのことがあります。ご理解をいただけますようお願いいたします。
なお、わかる範囲でお答えしますので、事務所スタッフにお気軽にご連絡ください。

Q:確実に買える場所を教えてください。

大阪では、大阪駅周辺。東京では、新宿西口周辺。販売時間帯は販売場所によって若干前後しますが、大体朝8時か9時くらいから、夕方5時か6時頃(暗くなる前)まで販売しています。

Q:●日●時に●号を買いに行きたいので、該当の販売者さんに伝えてもらえませんか。

携帯電話を持っている販売者であれば、スタッフから連絡してお伝えいたしますが、携帯電話をお持ちでない販売者が多く、その場合、事務所での仕入れの際に伝言することになります。

数日おきに仕入れをする方もおられますので、仕入れスケジュールによってはご希望の日までにお伝えできないかもしれません。ご了承ください。
1週間ほど余裕をもってご連絡いただければ、ほとんどの販売者には伝言が可能です。

Q:バックナンバーを購入したいのですが。

できるだけ販売者から直接のご購入をお願いします。多くの販売者がバックナンバーを常備しています。持っていない場合も、ご希望のバックナンバーをお伝えください。後日仕入れをして販売させていただきます(取りに来られる日時をお伝えいただけると販売者がご用意しやすいです)。

遠方にお住まいの方は、3冊以上お申し込みいただければ送料当方負担で通信販売をさせていただいています。詳細はバックナンバー通信販売をご覧ください。

Q:定期購読はできますか。

ビッグイシューでは販売者からの購入をお願いしていますが、販売者不在の地域の方や公立図書館などを対象に以下の年間購読の制度を設けております。

定期購読
年間11,000円(対象:販売者不在の地域にお住まいの方)

図書館年間購読
年間11,000円(対象:公立図書館、学校図書館など)

Q:現在の販売地域以外での販売予定はないのでしょうか。

各地のホームレスの方を支援している個人や団体の方々と、協力ができれば、順次地域販売をしていきます。販売サポーターの皆さんについては販売サポーターをご覧ください。

また、販売エリア外ではフェアトレードショップやカフェ等での委託販売制度もありますので、興味を持っていただけそうなお店にご案内をお願いします。

Q:海外のビッグイシューは買えますか。

イギリスをはじめ他国のビッグイシューとは協力関係にありますが、それぞれ独立した組織のため、当社では取り扱っておりません。
直接各国のビッグイシュー社にお問い合わせください。

世界のストリートペーパー一覧
https://insp.ngo/who-we-are/where-are-we/(英語)

販売者についてのご質問

Q:販売者は黙って雑誌を持って立つだけではなく、もっと売れるようにアピールしないのですか。

行動規範にある「通行の邪魔にならないこと」を守っていただくこと以外は、どのように販売するかは「セルフヘルプ」という観点から、販売者自身に考えていただくことを大切にしています。販売場所や時間帯によっては、声を出して販売することが迷惑になることもあり、黙って立つ販売者が多いです。

Q:販売者はユニフォームを着るなどしたほうがよいのではないですか。

販促グッズとして、赤い帽子(寒い時期はニットキャップ)、ロゴ入りTシャツや販売用ベストを用意しています。これらはビッグイシューの趣旨に賛同してくださった企業のご協力を得て提供されています。また、全国共通のPOPもお渡しています。お客様に見つけていただきやすいように、お客様からの声も紹介しながら、使うことをお勧めしていますが、これらの販促グッズを使うかどうかは、販売者自身で決めていただいています。
「自分の販売場所ではどんな風にしたら売れた」とか、「あまり効果がなかった」といったことを、販売者同士やスタッフと話したりもしながら、ご自身で試行錯誤するステップも、大切に考えています。

Q:いつも買っている販売者さんを見かけなくなり心配しています。

お心を寄せていただきありがとうございます。病気などさまざまな事情で販売をおやめになられた、ということもあれば、別の販売場所に移動された、ということもあります。アルバイトなど、他のお仕事の関係で短期的にお休みになる、ということもあります。もちろん、住まいを確保して卒業される方もいらっしゃいます。なお、お問い合わせいただいた場合でも、ご本人の希望により詳しくお伝えできない場合もありますのでどうぞご了承ください。

Q:雑誌は350円ですが、おつりを寄付として受け取ってほしいです。

あたたかいお心づかいをありがとうございます。
ビッグイシューの販売者は、仕事の対価として雑誌の代金をいただいておりますので、原則はおつりをお返しするようにしています。可能であれば複数冊買っていただき、お知り合いの方にご紹介いただけると支援の輪が広がることになり、大変うれしいです。

Q:販売者に差し入れをしてもよいですか。

販売者へのお心づかいありがとうございます。
販売中の飲酒は禁止ですので、アルコールはどのような場合でもご遠慮しております。また、糖尿病などの治療中のケースもありますので、もしよろしければどのような差し入れがうれしいか本人にお気軽に聞いてみていただければと思います。

Q:おつりがなかなか返ってきませんでした。

ご不快なお気持ちにさせてしまい申し訳ありません。
販売者になられる方に対しては、行動規範の説明と共に、雑誌販売の「仕事」であることを説明しています。また、初日にスタッフが一緒に販売する際には、雑誌と代金・おつりの受け渡しをきちんと行うように、実際にやってみながら説明をしています。
一方で、全国で120人ほどいる販売者の中には、さまざまな事情から、計算を早くすることができない、手先の細かな動きがしづらい、スムーズな会話が難しい、といった状況の方もおられます。その場合には、「おつりがなかなか返ってこない」と感じられることもあるかもしれません。
どちらの販売場所でのできごとかを教えていただければ、販売者本人とお話してみて、今後どのようにできるかを相談したいと思いますので、事務所までお気軽にご連絡いただければと思います。

Q:販売者の対応がとても丁寧でうれしくなりました。スタッフの方にも知っていただきたいです。

そんな風に見てくださる方がいることを知ったら、販売者もとても喜ぶと思いますので、事務所までご連絡をいただければ、本人にもきちんとお伝えして喜びを共有いたします。

なお、もしSNSアカウントをお持ちで、差支えなければその旨発信いただけると、「ビッグイシューは気になるけど買う勇気が出ない」という人の後押しになると思います。よろしければご協力ください。

Q:真夏、炎天下で販売を続けているのを見ると、熱中症にならないか心配です。

ご心配いただきありがとうございます。
東京・大阪事務所では、梅雨明けから9月ごろまで、ボランティアのみなさんのご協力をいただいて、毎日冷凍庫にスポーツドリンクを凍らせて、自由に持って行っていただけるようにしています。
また、月に1度の集まりでは、熱中症対策をテーマに、具体的な症状や販売場所でできる予防法について学んだり、販売時間や場所をずらすなどの販売の工夫を共有したりして、熱中症にならずに夏を越えられるようにしています。

Q:販売者のにおいが気になりました。

においの点はスタッフも日々気にかけているところです。
着替えや入浴券を渡したり、可能であればその場で着替えていただくなど、指先、ひげ、頭髪なども含めて、お客様と接するうえで適切な清潔さをできるだけ保っていただけるように声をかけています。
障害や病気の影響で、洗濯や入浴のタイミングの判断が難しい方もおられますので、その方のご事情によって個別に対応しています。

Q:行動規範に「IDカードを提示して販売します」という項目がありますが、見たことがありません。

IDカードを見える位置につけ販売するルールがありますので、遠慮なく「IDカードありますか?」とお尋ねください。
また、ビッグイシュー日本にご連絡をいただければ、スタッフから該当の販売者に確認をして、IDカードをお客様から見える位置に提示して販売するようお伝えします。

 

ビッグイシューの事業についてのご質問

Q:何年間もビッグイシューの販売者をしている人がいます。それって、「自立支援」ができていないということではないですか。

様々な事情で路上生活となった方にとって「すぐにできる仕事」を提供するのがビッグイシューの販売です。1日20冊前後を売ることで簡易宿泊施設やネットカフェに泊まることができます。
同時に、それぞれの事情に合わせた自立へのステップを踏めるよう、NPO法人ビッグイシュー基金と協力をしながらサポートをしています。
例えば、小口貯金(現金を預かる)や、障害がある方の手帳取得、健康相談やこれからの生活についての相談など、一つひとつ、時間がかかってもご本人が自ら課題をクリアすることを応援することで「ホームレス状態からの脱出」をサポートしたいと考えています。

NPO法人ビッグイシュー基金の活動について詳しくはこちらをご覧ください。

 

サポートに関するご質問

Q:ビッグイシューがもっと売れてほしいです。何かできることはありますか。

ありがとうございます。「あなたにできること」をご覧ください。

Q:ビッグイシューの表紙や特集に●●さんが出るともっと売れると思います。

ビッグイシューへのご意見は、お問い合わせ(ご意見・ご感想)までお寄せください。編集部で参考にさせていただきます。

Q:不要になった号があり、状態が良いので再販してはどうかと思います。事務所に送ってもよいですか。

お心づかいは大変ありがたいのですが、一度お買い上げいただいたものを、また別の方に販売することはできません。

『ビッグイシュー日本版』は2003年9月に創刊し、おかげさまで長く経ちますが、「販売者がいないと買えない」という特徴から、ご存じない方もまだまだたくさんおられます。もしよろしければ、お友達や、病院や図書館、行きつけのお店などたくさん人が集まる場所などに、読まなくなったビッグイシューをサンプルとして一冊お渡しいただけたら嬉しいです。

Q:近くでホームレスの人がいるのですが、ビッグイシューの販売を案内してもいいですか。

お話できるような関係ができているのであれば、ビッグイシュー基金のWebサイトにある「路上脱出ガイド」とお持ちであればテレホンカードをお渡しいただいて、ご案内いただければと思います。
販売を希望されるようでしたら、ビッグイシュー日本の事務所にご連絡くださるようにお伝えください。
もし生活保護を希望されているようでしたら、地域の福祉事務所をご案内するとか、福祉事務所に直接連絡してその方に声をかけていただくように依頼する、ということもできます。
直接ご本人とお話されるのが難しいようでしたら、「路上脱出ガイド」とテレホンカード、簡単なメッセージを、ご本人がわかりやすいように置いておくのはいかがでしょうか。文字を読むのが苦手な方もおられるので、「路上脱出ガイド」にはふりがなをふっています。

外見からはわからない事情がある方もおられますので、お話できる状況でしたら、ご本人の意思をお聞きして尊重していただければと思います。

Q:衣服や物品を寄付したいです。

ありがとうございます。衣服・テレホンカード、切手その他のご寄付はNPO法人のビッグイシュー基金が承ります。

夏季は夏服・帽子・タオル、冬季は防寒着、防寒小物など、季節に合わせた募集のご案内をFacebookTwitterビッグイシュー・オンラインメルマガなどでしておりますので、ぜひご登録ください。

お問い合わせ・お申し込みは下記よりお願いいたします。

お問い合わせ先一覧