最新号・
バックナンバー

No.334

動く小屋

ものの所有は必要最低限、家も小さくする「タイニーハウスムーブメント」は、米国で2000年頃に始まり、リーマンショックを機に広がった。日本でも東日本大震災をきっかけに動きはじめた。238号特集「小さいおうち」(2014・5・1)に続き、今回は動く小屋に注目した。
竹内友一さん(タイニーハウスビルダー)は、自作のモバイル小屋を引っ張りながら、仲間とつくった米国のムーブメントの映画を全国各地で上映。
相馬由季さん(YADOKARIプロデューサー)は、セルフビルドでメンテナンスも容易な、シャーシ(車輪)付きタイニーハウスづくりに挑戦。
松本憲さん(空間デザイナー)は、軽トラックでも運べるモバイル小屋を製作。ソーラーパネルを積み込み、電力も使えるものにした。
田中元子さん(株式会社グランドレベル代表)はパーソナル屋台を製作、まちに出てコーヒーを配り、“マイパブリック”空間を創造。
モバイル小屋を巡る、あっと驚く楽しい活動を紹介したい。

タイニーハウスは誰でも作れる!
“実現したい暮らし”できる方法をさがせる
竹内 友一さん

予算400万円で、セルフビルドを計画中!
不器用でも作れることを証明したい
相馬 由季さん

設計図なし、音楽セッションのように製作
小屋は、みんなで押して歩くだけでも楽しい
松本 憲さん

自分で作る公共=「マイパブリック」
“パーソナル屋台”でコーヒーをふるまう
田中 元子さん

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー メイヴィス・ステイプルズ
ゴスペル、ソウル、R&B界のレジェンド、メイヴィス・ステイプルズ。歌手、公民権活動家として活躍を続けてきた彼女が、名だたるアーティストやキング牧師との交流、米国の今、若いアーティストたちへの思いを語りました。
リレーインタビュー・私の分岐点ともさかりえさん
12歳で芸能界デビューし、14歳の時にはTVドラマ『金田一少年の事件簿』出演で一躍有名になった、女優のともさかりえさん。10代から活躍する中で、仕事は好きだったものの、実際は「追いついていくのに必死」だったといいます。そんなともさかさんの分岐点は、20代で息子を授かったこと。仕事のオンオフが切り替わるようになったと語ります。

国際記事

“カンフー尼さん”―女性のエンパワーメントのために闘う
ネパールやインドの地で女性たちに護身術のカンフーを教える、チベット仏教デュルック派の尼僧たち。環境保護、災害支援、人身売買の撲滅も訴える彼女たちは、真の男女平等に向けて今日もハイキックを繰り出します。
WORLD STREET NEWS 世界短信

連載記事

原発ウォッチ!
―― 東海第2原発、全国初の画期的な安全協定
浜矩子の新ストリート・エコノミクス
―― 内なる持続性破壊要因
雨宮処凛の活動日誌
―― 取り戻そう! まともな政治。各地で続くデモやアクション
ホームレス人生相談 × 枝元なほみの悩みに効く料理
妻が口うるさくて疲れます ☆ハムエッグ・サンド☆
今回のお悩み相談は、40代、会社員の男性から。「妻が少し口うるさいのです。『電気をこまめに消して』『脱いだ服はすぐに片付けて』など、すぐ言ってきます」。販売者さんはこれに対し「僕も昔、結婚生活を送っていたことがあった」と自身の経験から親身に回答。枝元さんからは、お互いのいらだちを解きほぐす“ハムエッグ・サンド”をご紹介します!

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『家 』に関連したバックナンバー

『スモールハウス 』に関連したバックナンバー

『住居 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る