最新号・
バックナンバー

No.142

遅れた警告--携帯電話の電磁波リスク

電磁波が健康に悪影響を及ぼすのではないかといわれ始めたのは、約20年前。今や電磁波問題は、欧米では関心の高い環境問題だ。欧州や北欧では、成長期の脳に影響を受けやすい16歳未満の子どもたちに携帯電話を使わせないようにしている。一方、日本の携帯電話は2008年に1億1千台をこえ、キッズケータイの販売もすすむ。そこで、多くの人が日常的に使う携帯電話の電磁波に焦点をあて、そのリスクを知りたいと考えた。荻野晃也さん(電磁波環境研究所)に、携帯電話の電磁波と予防原則に立った海外の携帯電話問題への先進的な研究や対策などについて聞いた。また、宮田幹夫さん(北里研究所病院臨床環境医学センター)に、電磁波過敏症の研究と日本の状況について聞いた。さらに、転地避難場所として、化学物質・電磁波過敏症などの環境病発症者に注目される福島県南会津町「あらかい健康キャンプ村」の取り組みについて、ルポ・ライターの古庄弘枝さんが取材した。

携帯電話リスク無視の国、日本
親がキッズケータイ持たせる不思議
─ 荻野晃也さん

コラム 携帯電話の電磁波から身を守るために

ごく微弱な電気で動く身体の細胞。
電磁波の影響を受けないわけがない
─ 北里研究所病院、宮田幹夫さん

電磁波過敏症などへの免疫力回復する、世界初の「環境村」
─ 南会津町「あらかい健康キャンプ村」

コラム 携帯電話中継基地局の安全性をめぐって

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー ちばてつや
リレーインタビュー・私の分岐点漫画家 石坂 啓さん
効率の悪いものと向き合うことで、世の中の見方がガラッと変わることってある

国際記事

Kicking it! ボールを蹴って悪習を断つ!
映画『ホームレス・ワールドカップ』
英国、障害者主導の劇団「グレイアイ」
 
クラフト、家具、そして紅茶。
フェアトレードがつくる人生とコミュニティ
WORLD STREET NEWS 世界短信
*中国、大都市で働く大卒集団「蟻族」の生活実態
*韓国、上昇し続ける授業料
*南アフリカ、霧から飲料水をつくる
ノーンギシュの日々 滝田 明日香
観光ロッジがおびやかす クロサイの生息地 その2

BACKBEAT(映画・音楽)

ART 菅野 まう CDレビュー 浅井 博章 遊び心とぬくもりあるコンピレーションCD MOVIE 『ビルマVJ 消された革命』/『オーケストラ!』 テレビうらおもて 伊藤 悟 悪いのはみんな萩本欽一? ひぐらし本暮らし 岡崎 武志 内田裕也『俺はロッキンローラー』 COOKING 枝元なほみ 卵とチーズとレモンのスープ

連載記事

自閉症の僕が「生きていく風景」 東田 直樹
筆談で最初に言いたかったのは「ごめんなさい」と「ありがとう」
ストリート・エコノミックス 浜矩子
自然の怒りが示す地球時代の生き方
世界の当事者になる 雨宮 処凛
キャバクラユニオンの歌舞伎町デモ
■ホームレス人生相談 犬がヤンキーで困っています
5歳になるラブラドール・レトリバーのメス犬が、ヤンキーです。特に若いメスには、敵対心むき出しで吠えまくってます。怒りのカルマが強いのか、うちの犬が道を歩くとあちらこちらからワンワンと鳴き声がこだましてきます。若い人間の男性は大好きで、一目散にすぐに寄って行くので、飼い主に似たと思われるのも、恥ずかしいです。(女性/38歳/アルバイト)

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

『テクノロジー 』に関連したバックナンバー

『健康 』に関連したバックナンバー

バックナンバーへ

メールで更新通知を受け取る