最新号・
バックナンバー

No.137

もうすぐ春。日本ミツバチの羽音が聞こえる

ミツバチは、果実や野菜などの植物のポリネーター(花粉媒介者)。1億年以上前から地球上の植生環境を維持するため大きな役割を果たしてきた。アインシュタインも「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上生きられない」と予言した。そんなミツバチがいなくなる?! 2006年頃から、ミツバチが忽然と姿を消すCCD(蜂群崩壊症候群)が米国やヨーロッパで大きな問題になっている。毎年1万匹の女王蜂を輸入している日本でも、ミツバチが不足している。ただし、問題になっているのは、明治以降に移入された西洋ミツバチだ。そこで今、病気に強く天敵の大スズメバチにも強い日本ミツバチに注目が集まっている。だが、そんな日本ミツバチも減っている。なぜなのか?長崎の離島で日本ミツバチを復活させた久志冨士男さん。盛岡で日本ミツバチを再発見した藤原誠太さん。そして、ビルの屋上でミツバチを飼う銀座ミツバチプロジェクトの田中淳夫さんに話を聞いた。日本ミツバチは日本の自然環境、農業を救うことができるのだろうか?

石油系農業から生態系農業へ、
養蜂家は人間社会と自然の触媒役
─ 藤原 誠太さん

農業の未来つくる日本ミツバチ、離島で成功した復活プロジェクト
─ 久志 冨士男さん

ミツバチ飛び、野菜やハーブ畑広がる銀座の街
─ 「銀座ミツバチプロジェクト」 田中 淳夫さん

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー ケミストリー
リレーインタビュー・私の分岐点プロ野球解説者 古田 敦也さん
ドラフトから2年間、どこからも指名がなかった。「やったる」と強く思った

国際記事

ルイス・ポンドを使うことにプライドを感じています
英国、地域通貨流通の町から
アフリカ最大の産油国。だが人口の3分の2は、1日2ドルで生活
アンゴラで広がる巨大な格差の溝
WORLD STREET NEWS 世界短信
*韓国、市民に不評の少子化対策
*中国、沿海部の「農民工」不足の真相
*生物多様性年にエコシック・ファッションを
ノーンギシュの日々 滝田 明日香
産後すぐの食事、フライドポテトとチキンに驚愕

国内記事

世界・アジア・日本 粉物料理

BACKBEAT(映画・音楽)

ART 蔵前 りつ子 CDレビュー 浅井 博章 アニバーサリーイヤーを迎えた正真正銘のライブバンド クリエーターの視点 イラストレーター ヨシタケシンスケさん テレビうらおもて 伊藤 悟 「ゆく年くる年歌合戦」に音楽番組の原点を見た! ひぐらし本暮らし 岡崎 武志 宮部みゆき『理由』

連載記事

ストリート・エコノミックス 浜矩子
国家が倒産する日 ― 日本版ギリシャ悲劇は起こるか
世界の当事者になる 雨宮 処凛
「公設派遣村」を取材して
コミック マムアンちゃん
ウィスット・ポンニミット
■ホームレス人生相談 仕事関係の飲み会がめんどくさい
システム系会社員の男です。仕事柄、打ち合わせなどで公私関係なく飲み会も多いのですが、年を取るにつれてそういう場に出るのがおっくうになってきています。でも、まったく出ないというわけにはいかず、断れるものは断りながら、何とか出席しています。 これは直すべきなのでしょうか、それとも無理やり押し通すか。でも、仕事に支障が出るのは目に見えているので、悩んでいます。(男性/38歳/会社員)

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

メールで更新通知を受け取る