最新号・
バックナンバー

No.114

道に迷ったら虫に聞け

3億年前から存在し、全生物種の約6割、100万種類以上も知られている昆虫。しかし、思えば昆虫はあんなに小さな身体で、どうやって生きてきたんだろう !? 3 億年の地球の環境変化、大陸の移動、幾度もの氷河期を乗り越え適応してきた生命力。小さいからこそ、したたかに、知恵を絞っているに違いない。 そんな彼らの生きるための知恵を、ちょっとばかり教えてもらいたい。虫取り少年が高じて昆虫写真家になった今森光彦さんから、日本の里山の虫たちの写真とエッセイが届いた。また、「ぐんま昆虫の森」園長の矢島稔さんと「伊丹市昆虫館」の角正美雪さんに、昆虫の世界の不思議さやおもしろさについてお話を聞いた。さらに、「虫に魅せられた人たち」をコラムで紹介。

虫たちの四季
― 今森 光彦さん

BOOK REVIEW 虫に魅せられた人びとの「見る快楽」

身体の構造が違う、感性が違う、生き方が違うからねぇ。そういうことを自分の中で発酵させないとチョウとは語り合えないねぇ
― 矢島 稔さん

“うんこ”に、小さな命の力強さを見る
― 角正 美雪さん

TOP INTERVIEW

スペシャルインタビュー バラク・オバマ
オバマ政権とキリスト教― 目指すは政教分離?それとも社会正義を実現するための協調?
リレーインタビュー・私の分岐点女優 瀬戸 カトリーヌさん
阪神大震災で、ゼロから踏み出すエネルギーをもらった。

国際記事

パティ・スミス
私は楽観的なの、人生が好きだから。私たちは今、ここにいる、だから私は楽観的になれるの
中島岳志の眼
商店街の危機と新自由主義
WORDL STREET NEWS 世界短信
*ポルトガル、グアンタナモ被拘禁者の保護、公約
*人権保護十分でなく、レソトのHIV検査キャンペーン頓挫
*コロンビアで続く先住民への攻撃
ノーンギシュの日々
足を骨折したシマウマの赤ちゃん、何もしないではいられない

BACKBEAT(映画・音楽)

ART 島村 洋二郎 MUSIC ポップロックのきいた狂気の世界、若手ヴィジュアル系バンドがメジャーデビュー クリエーターの視点 絵画作家 益村 千鶴さん テレビうらおもて 歴史を平気で歪めるテレビ ひぐらし本暮らし 倉橋由美子 『偏愛文学館』 COOKING のりたま丼

連載記事

ストリート・エコノミックス
政治の焦りが生んだ政府紙幣構造
世界の当事者になる
雨宮処凛 不毛な議論と「農業」
■ホームレス人生相談
「病は気から」といいますが、私は季節の変わり目に風邪をひきやすく、何度もぶり返します(おまけに鼻炎もち)。予防を怠っていないつもりですが、いつも負けてしまいます。この冬もインフルエンザの予防接種を打っていたにもかかわらず、もう一種の方を発症してしまいました。楽しみにしていたイベントの当日に限って、腹痛や病気になったりもしますよね。それもしょっちゅうです。「病は気から」が本当なら、実際にはどんな気持ちをもつよう心がけたらいいでしょうか。(32歳/アパレル店員)

バックナンバー

バックナンバーも購入できます。販売者におたずねください

メールで更新通知を受け取る