販売のしくみ

定価350円の雑誌『ビッグイシュー日本版』をホームレスである販売者が路上で売り、180円が彼らの収入になります。最初の10冊は無料で提供し、その売り上げ(3,500円)を元手に、以降は1冊170円で仕入れていただく仕組みです。

 

販売者は、現在路上で生活しているか、あるいは安定した自分の住まいを持たない人々です。住まいを得ることは単にホームレス状態から抜け出す第1歩に過ぎません。そのため、販売により住まいを得た後も、必要な場合にはビッグイシューの販売を認めています。

販売者は顔写真と販売者番号の入った身分証明書を身につけて雑誌を販売しています。

また、ビッグイシューの販売者は『ビッグイシュー』の販売のプロとして、雑誌販売中は以下の8つの行動規範を守ることについて同意しています。真面目に働いているビッグイシューの販売者の生活を守るために、ルールを守らない人を見かけた場合は、ビッグイシュー日本(06-6344-2260)までご連絡ください。

ビッグイシューの販売者は以下の行動規範を守ります。

  1. 割り当てられた場所で販売します。
  2. ビッグイシューのIDカードを提示して販売します。
  3. ビッグイシューの販売者として働いている期間中、攻撃的または脅迫的な態度や言葉は使いません。
  4. 酒や薬物の影響を受けたまま、『ビッグイシュー日本版』を売りません。
  5. 他の市民の邪魔や通行を妨害しません。 このため、特に道路上では割り当て場所の周辺を随時移動し販売します。
  6. 街頭で生活費を稼ぐほかの人々と売り場について争いません。
  7. ビッグイシューのIDカードをつけて『ビッグイシュー日本版』の販売中に金品などの無心をしません。
  8. どのような状況であろうと、 ビッグイシューとその販売者の信頼を落とすような行為はしません。

「ビッグイシュー」の名称で、街頭で寄付を求められることがあっても、寄付はしないでください。
ビッグイシュー日本は有限会社です。私たちは街角での募金活動などは一切行っておりません。

ビッグイシュー日本を母体に設立した認定NPO法人ビッグイシュー基金は販売者をはじめホームレスの人々の生活相談、スポーツ・文化活動応援等の活動を通じて、誰にでも居場所と出番のある包摂社会の形成を目指しています。これらの活動は市民のみなさまのご寄付、ボランティア等のご参加によって支えられています。
ビッグイシュー基金の活動内容や寄付参加の方法についてはこちらをご覧ください。

→ 販売者になるには

→ 販売エリア外での委託販売のご案内