ビッグイシュー販売風景
最新号
最新号表紙

303号1月15日より発売!

毎月1日・15日発売

資料請求で雑誌1冊プレゼント
THE BIGISSUE ONLINE
  • 人生をあきらめない

スペシャル

命のバトン――「赤ちゃんポスト」の10年

児童虐待はここ15年間で、相談件数が8倍に増えた。死亡例の6割以上は0歳で、そのうち55%が生まれたその日に殺されている。
そんな赤ちゃんを遺棄や虐待死から救うため、熊本県の「慈恵病院」が新生児を匿名で預けられる「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を開いてから、約10年がたった。当時は「子捨てを助長するのか」など、賛否両論が巻き起こった。
その後の10年、「ゆりかご」が預かった赤ちゃんは125人以上となった。預け入れは当初に比べると減りつつあるが、それを未然に防ぐため開設した24時間フリーダイヤルへの妊娠相談は10倍以上に急増している。
慈恵病院・理事長の蓮田太二さん、そして現場スタッフのみなさんに「こうのとりのゆりかご、その10年」について。また、柏木恭典さん(千葉経済大学短期大学部准教授)に「緊急下の女性と、ドイツの『内密出産法』」について聞いた。
いま"命のバトン"をつなぎ、誰もが幸せに育つ社会を考えてみたい。

300号記念プロジェクト初めてのビッグイシューカレンダー2017