ビッグイシュー販売風景
最新号
最新号表紙

305号2月15日より発売!

毎月1日・15日発売

資料請求で雑誌1冊プレゼント
THE BIGISSUE ONLINE
  • 人生をあきらめない

スペシャル

出(しゅつ)ひきこもり――"対話"へ

ひきこもりは"若者の問題"だったが、今や、問題の長期化によって、40歳以上の当事者が6割を占めるようになったといわれる。そんな中、高齢化した家族との心中、餓死、暴力的な「支援」団体の発生など、深刻な事態が生まれつつある。
その一方で、これまでになかった"対話"がきっかけとなり、ひきこもりを抜け出し自身の経験を語り始めた当事者たちが、自ら社会を変えていこうと動き始めている。
「当事者・経験者でつくる『ひきこもり新聞』創刊」について木村ナオヒロさんに聞いた。また、「対話を通じて仲間と未来をつくる『フューチャーセッション庵』」のスタッフのみなさん、「長期高齢化するひきこもり」の経験者、NPO法人「楽の会リーラ」の大橋史信さんに取材。さらに、精神科医の斎藤環さんに「問題解決のカギを握る『対話の力』」について聞いた。
「出ひきこもり」と"対話"の役割について考えたい。

300号記念プロジェクト初めてのビッグイシューカレンダー2017